従業員を雇った場合について

従業員を雇った場合は、さまざまなことが必要になります。

支払う給料の額をどうするかから始まり、雇用保険や労災保険の加入、源泉所得税や住民税の徴収

そして年末には年末調整、さらに社会保険の加入についても検討しなければなりません。

こうした諸事案につき代行やサポートを行っていきます。

個人事業の申告について

個人事業の申告はどうされていますか。

個人事業の申告についても法人の申告と手順は同様ですが、

なにせすべての方が冬場(2月16日~3月15日)となるため、ご自身でする場合も

会計事務所(税理士)がする場合もなにせ忙しくなります。

したがって、全部の処理(特に帳簿)をいっぺんにするのは避けたいものです。

ただ、納税については口座振替にすると約1ヶ月遅れとなりますのである意味楽ともいえます。

法人の確定申告について

法人の確定申告はどうされていますか。

税額は気になるもの。特に消費税の金額に注意が必要です。

決算前に決算見通しをします。対策が必要な場合は対策を施します。

そして、決算打合せを行い、申告書の提出と納付を無事済ませます。